ゲーム開発がしたいプログラマーへ

プログラマーなら、ゲーム開発するでしょ?

ゲーム開発プログラマーの年収は?稼げるの?

mv

年収で見るならソーシャル>コンシューマー!

年収で見るならソーシャル>コンシューマー!

ゲーム開発をしているプログラマーの年収を考えるときにまず区分けしておきたいのが、「ソーシャルゲーム業界」と「コンシューマーゲーム業界」です。それぞれの業界の平均年収を比較してみるとけっこうな違いがあるんですよ。

ゲームプログラマーの年収

ゲームプログラマーの年収

とある調査によると、ソーシャルゲーム業界の平均年収が350万円〜450万円なのに対して、コンシューマーゲーム業界は300万円〜400万円と差があるようです。同じゲーム業界でもこのぐらいの差があるとなると、ゲームプログラマーとしての方向性選びは慎重にいきたいところですよね。そもそもなんでそこまでゲームプログラマーの年収に差が出てしまうかといえば、それはもう単純に「売り上げの差」です。ソーシャルゲームの進化には終わりがなく、バージョンアップしていくことで新たな利益を生み出し続けることができます。一方のコンシューマーゲームは、一度リリースしたらほぼおしまいです。1つのゲームで生み出すことができる利益に大きな差があれば、年収に大きな差があるのもごく当然のことといえるのかもしれません。
ただし、基本給だけでソーシャルゲーム業界とコンシューマーゲーム業界を比較してみると実はどちらもそれほど差がなくて、利益分がボーナスとして還元されることで年収に差が出てくるんです。ならば最初からソーシャルゲーム業界を目指そうと考えたくなるところですが、年収が高いゲームプログラマーはコンシューマーゲーム業界からソーシャルゲーム業界に転職してきた人が多いという事実についても考えておく必要がありますよ。ソーシャルゲームの開発技術の基礎には、高いスキルが求められるコンシューマーゲーム開発で鍛えられたスキルがあります。スマートフォンゲームはどんどん進化していて、求められる技術もどんどん複雑化しているので、コンシューマーゲーム業界でスキルを定着させてからのソーシャルゲーム業界というルートを考えたほうが、最初からソーシャルゲーム業界へ行くよりも高い年収を狙えるかもしれませんね。

ゲームプログラマーの現実

ゲームプログラマーの平均年収は、他のジャンルのプログラマーに比べると低いです。中小企業なら300万円、良くて500万円ぐらいといったイメージです。大手メーカーならもう少し稼げるかもしれませんが、それでも他のジャンルからすると少なめです。そのわりに仕事はハードなので、体力的にも精神的にもキツイ仕事です。稼いでいる人は残業代でなんとか稼いでいるという感じなので、基本給にはあまり期待できないと思います。だからこそ、ゲームプログラマーに転職するときは転職先の労働条件や給与体制について納得できるまでしっかり確認しておくようにしてくださいね。

PICK UP

ゲーム開発プログラマーの仕事

プログラマーのゲーム開発の仕事について様々な角度から紹介しているサイトです。【当サイトメールフォーム】